[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

IPT8ボールルールのまとめ

2006/03/25(土) 22:59:28 [ビリヤードの練習記録] #

競技にかかわるIPTのルールをまとめるとこんな感じ

1.ジャンプキュー禁止(ジャンプショット自体はOK)、革タップのみ。

2.ラックは1が先頭で8が真ん中、左右の頂点はどちらかをソリッド、どちらかをストライプに。後は自由に。

3.ブレイクはヘッドライン内の短クッションの中央のポイントを除いた2つのポイントの間から行う

4.ブレイクの8番ポケットは即勝ち。ただし8番をポケットした後手玉がスクラッチしたり場外したりしたら即負け。

5.ブレイク後はブレイクでどのボールをポケットしかかに関わらずオープン。次のショットは8番以外どのボールをヒットしてもよい。

6.全ショットコールが必要。ただし明らかな場合は省いてもよい。

7.8番を撞く際に手玉のスクラッチおよび場外をしてしまった場合は即死。

8.ファールしてポケットした場合、場外した場合、球はそのまま戻さない。

9.セイフティ宣言あり。セイフティ宣言をすれば、的球をポケットした後でも相手の順番にできる。

10.ノークッションファール、3ファールルール有り。

11.勝者ブレイク制。ただし勝者は相手にブレイク権を与えても良い。
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。