[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

IPT 8ボールルール翻訳5

2006/02/24(金) 22:14:02 [ビリヤードの練習記録] #

9.0 プレイ
プレイヤーは自分のグループボール(テーブルがオープンの場合は8以外のボール)をポケットすることに失敗するまで、もしくはグループボールを全てポケットした後に8ボールをポケットすることに失敗するまで、もしくはファウルを犯すまで、プレイを続行することができる。プレイヤーは「セーフティ」をコールすることが認められており、この場合自分のボールをポケットした後、相手の順番にできる。

<これもローカルルールが分かれそうなところ。セーフティをコールしておけば自分のボールを入れつつセーフティをかけて相手の順番にできると。って初心者同士でやると激しく荒れるヨカンw>

10.0 ジャンプショット

ジャンプショットは手玉がテーブル表面と平行な線より下にいかない限り行ってもかまわない。

<要するに場外しなければジャンプショットを使ってもよいということらしい。ただしキューの既定にあるように、短いジャンプキューは使用できない>

11.0 イニングの終了
プレイヤーがポケットに失敗した場合、そのプレイヤーの順番は終了し、手玉の位置はそのままで相手プレイヤーの順番となる。ファールを犯してプレイヤーの順番が終了した場合、相手プレイヤーはフリーボールでプレーすることができる。

12.0 ファール
相手がファールを犯した場合、フリーボールでプレーすることができる。ファールとは以下のような場合である。

a.ボールファール:正しいショット以外でボールにさわってしまった場合(メカニカルブリッジ、体の一部、服の一部、チョーク、その他プレイヤーに関連のある何かによってボールにさわってしまった場合)
b.手球がスクラッチ、場外した場合
c.体の一部や道具を用いて故意にボールを動かしたり、打ったり、散らしたりした場合
d.チョークなどを用いてテーブルに印を付けた場合
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。