[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

今更ながらACSS PROの打感について

2007/08/17(金) 00:41:44 [ビリヤードの練習記録] #

今更ながらACSS PROの打感について

ACSS PROを購入してから1年ほどになりますが、今更ながら打感などについてかいてみたいと思います。主に以前に使っていた314との比較です。

・やや太め

プロテーパーはアダムテーパーよりは細いということですが、314等に比べるとそれでも太く感じます。慣れてしまえば太くは感じず、パワーを要するショットには適しています。

・打感しっかりめ

これは大きな特徴です。中空構造でもあるにかかわらず、かなりしっかり感があります。ふにゃふにゃした感じが全くありません。

・見越し

穴フリの範囲ではほとんど普通の付き方で見越しを気にしなくて良い感じです。撞点に幅があってもなんとかしてくれるような気がします。

自分のレベルですと遠い球、イレがシビア球でのヒネリはやはり難しいですね。ハイテク云々より元々はずしているかもですがw

・前バランス

これは専用シャフトであるせいだと思われますが、314に比べると前バランスです。314はシャフト自体が軽めかもですね。

全般的な印象として、バットとセットのものを購入したせいか、バランスがよい感じがします。自然にキューが出て撞けるというか。その一方パワーは感じるのですが、アダム特有の太さがあるので、慣れるまでは違和感がありました。

まぁC級だとそれほどヒネリは関係ないかもですが、撞点が中心でなくてもなんとかなる、穴フリの範囲ならヒネリを使っても怖くない、というのは大きなポイントかも。自分的には気に入って使っています。

acsspro.jpg

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 2

苦手キャラ('A`)

2007/08/08(水) 02:28:06 [ビリヤードの練習記録] #

どうも最近ホームの常連になりつつある方で苦手な方がいます。
勝てないという意味での苦手ではなく、キャラが苦手、という意味で('A`)。

まぁ会社やサークル等、おそよ人の集まるところ必ず苦手な、いやな人、性格きっつい人ってのは出てくるわけで、そういう人をサラッと流していくということは大事なことなのかもしれません。

今日のまとめ

球も人間関係が重要

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

再びフィリピンで8ボールをしまくってきた件について

2007/08/05(日) 03:00:20 [ビリヤードの練習記録] #

さて、1年ほど日記更新をさぼっておりますたが、何事もなかったかのように更新です(゚∀゚)アヒャ!

少々背中の筋肉を痛めてしましまして、去年後半はあまり撞けず、今年に入ってまた練習を再会しております。

などといい今年もフィリピン玉突き旅行にいってきますた。ビリヤードを本格的に始めるきっかけとなったフィリピンでの玉突きもこれが3回目ですなぁ(´ω`)ホクホク。

今回もひたすらプールバーを回ってきましたが、今回は道具を中心にまとめてみます。

1. 一般に台のコンディションが良い店ほどレベルが高く、悪い店ほどレベルが低い
2. キューは9割5分フィリピン製 日本のキューの知名度は Adam>>>>>>>>>>Mezz (Mezzは台湾、中国のキューと思われてる…)
3.チョークは8割方マスター
4. タップはブルータップ系使用者多し
5. テーブルは様々だが「Kangaroo」という韓国ブランド(?)の台が一番普及している。Brunswickはかなり高級店(というか台が何台もあるような店)にいかないと無い
6. 日本と比較するとビギナーに寛容。最近始めますた!(゚∀゚)ノシ という感じのビギナーでも普通にプールバーで上級者と撞いている
7. ブレイク用の座布団(ブレイクマット)は存在しない
8. 多湿な上に比較的窓が開いている店が多いせいか、パウダーはどの店にいっても設置されている。パウダーは固形タイプ(コーンチョーク)もしくは粉末タイプ(タルク)。固形タイプは直接手になすりつける。粉末は手にとってなじませる。考えてみると日本のおしぼりのシステムって手もよごれないしキューは滑るし、神ですね

コーンチョーク


よく見かけるコーンチョーク(固形パウダー)

タルク


粉末パウダー(タルク)の入れ物。手の甲に取ってまぶす。ベビーパウダーのボトルがそのまま置いてある店もある

おしぼり


世界に誇る日本のおしぼりw


また気がついたら書いてみまつ。
それにしてもフィリピンに行くたびに球はやる気になりますな(ボロ糞に負けて帰ってくるという噂も)(ノ∀`)。


Permalink | Comment: 2 | Trackback: 2

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。