[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

フィリピンでひたすら8ボールをやってきた件について

2006/03/25(土) 23:23:24 [ビリヤードの練習記録] #

というわけで懲りずに2週間ほどフィリピンに行ってきました。前回のフィリピン旅行でボコられてビリヤードを本格的に始めたので、今回はリベンジというわけですな。

以下フィリピンのプールバーのまとめ

1.ひたすら8ボール。9ボールって何ですか(・∀・)??
2.客同士で対戦。順番待ちは店員が仕切る。
3.勝ち残りで負けた方が場代を払う。勝っても負けても払うパターンもあり。
4.場台は1ゲームP5~P10(10円~20円)程度。会計時に一緒に払う。
5.ラックは店員が行う。店員はほぼねーちゃん。
6.場末というか、風俗っぽい店はねーちゃんの服がだんだんそれっぽくなる。
7.プレイしたい人は黒板に名前を書いてもらう。順番が回ってくると店員呼びに来る。
8.ゲームを待つ間ひたすら飲む。
9.負けると飲むのでさらに負ける。
10.入場料制とか時間制とかではないが、どこもお約束で1ドリンクは必須。P60~P100(120円~200円)程度。なぜかアイスティーを頼むやつ多し。1ドリンクで粘るやつも多い。
11.回転を良くするためか台は甘めな所が多い。ただしどこもラシャはめっちゃ古い。ケバい。
12.湿気が多いためかオープンブリッジを多用するプレイヤーが圧倒的に多い。フィリピンブリッジってあまりみかけない
13.メカニカルブリッジはあるけどあまりつかわれない
14.キューラックというか、キューレストというか、マイキューを置く場所がない。手で持つかテーブルに置くのがお約束。
15.客がいない場合はラックを取り仕切ってる店のねーちゃんとプレイする。ただし反則的に強い。
16.外人の多い場所ほどレベルが低く、飲み物が高い。
17.全般的にルールは寛容。球触りとか普通にスルー。1杯入ってるしあまり厳密にやってエキサイトしたら危ないもんねw


スポンサーサイト

Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

IPT8ボールルールのまとめ

2006/03/25(土) 22:59:28 [ビリヤードの練習記録] #

競技にかかわるIPTのルールをまとめるとこんな感じ

1.ジャンプキュー禁止(ジャンプショット自体はOK)、革タップのみ。

2.ラックは1が先頭で8が真ん中、左右の頂点はどちらかをソリッド、どちらかをストライプに。後は自由に。

3.ブレイクはヘッドライン内の短クッションの中央のポイントを除いた2つのポイントの間から行う

4.ブレイクの8番ポケットは即勝ち。ただし8番をポケットした後手玉がスクラッチしたり場外したりしたら即負け。

5.ブレイク後はブレイクでどのボールをポケットしかかに関わらずオープン。次のショットは8番以外どのボールをヒットしてもよい。

6.全ショットコールが必要。ただし明らかな場合は省いてもよい。

7.8番を撞く際に手玉のスクラッチおよび場外をしてしまった場合は即死。

8.ファールしてポケットした場合、場外した場合、球はそのまま戻さない。

9.セイフティ宣言あり。セイフティ宣言をすれば、的球をポケットした後でも相手の順番にできる。

10.ノークッションファール、3ファールルール有り。

11.勝者ブレイク制。ただし勝者は相手にブレイク権を与えても良い。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

IPT 8ボールルール翻訳6

2006/03/25(土) 22:28:06 [ビリヤードの練習記録] #

13.0 ゲームの勝利
以下の場合は勝ちとなる
グループボールを全てポケットした後、8番をポケットした場合。
ブレークで8番をポケットした場合。

<ブレークエースは即勝ち>

14.0 ゲームの負け
以下の場合そのゲームは負けとなる。
8番を場外してしまった場合(ラシャ以外の場所で8番が静止した場合)
グループボールを全てポケットする前に8番をポケットしてしまった場合
3回連続してファールしてしまった場合

<8番の場外は即負け。3ファールあり>

15.0 8番のショット

8番のショットには以下のような規定がある
a.8番は手玉が最初に触れるボールでなければならず、手玉と8番が接触した後はそのどちらかがクッションに入らなくてはならない。失敗した場合はファールとなり、相手のフリーボールとなるが、負けではない。(*8番をポケットできない場合の話で、8番をポケットした際は手玉をクッションに入れる必要はないはず。要確認)
b.コンビネーションショット、キャロム(*キャノン)ショット、キスショットは手玉が8番に最初に触れている限り行ってもかまわない。
c.宣言したポケットではない場所に入れてしまった場合は負けとなる。
d.8番を撞く際に手玉をスクラッチさせたり、場外してしまった場合負けとなる。

<8番をキスショットで(他の的球に触れさせてから)ポケットしてもOK。8番を撞く際の手玉のスクラッチ、場外は即死。>

16.0 イリーガルポケットの扱い
ファールしてポケットされてたり、場外してしまった的球は元には戻さない。ただしファールを犯しての8番のポケット、場外は負けとなる。

<ファールしてポケットされたボールは元に戻さない。このあたり客の回転を早くさせようというプールバー的ルールというか、一度落ちた球が戻ってこないコインテーブル的ルールと言えるのかも。>

*17.0以降はゲームに直接関係ない部分なので省略します。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。