[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

フォームで開眼した気がする件について

2006/01/14(土) 01:29:40 [ビリヤードの練習記録] #

というわけで今日は2時間半ほどみっちりフォームの練習をしてみますた。フォームの練習などするつもりはなかったのですが、例によって世話好きなマスター(3Cのプロ)がいつの間にか背後にヒタヒタとやってきていて教えてくださるわけでして。

ちなみにホームにはもう一人プロがおられるのですが、その方は2時間ほど全くの初心者らしき若い女性に付きっきりで指導なさっていますた(ってぉぃ)。

で、マスターの指摘によると自分のフォームの問題は

1.キューを胸のあたりで構えすぎ 
2.体が前に倒れすぎ
3.台から離れすぎ

ということらすい

教えていただいた新しい構え方は

1.まず打つ方向を決める
2.決めた方向に向け、一旦打ち終わったフォロースルーの位置までキューを空中出し、その位置にレストを作る
3.出ているキューを肘を固定したまま元に戻す
4.足の位置を決める

という感じか。文章にするとアレですが、要するに打ち終わった形から逆算してフォームを組むと。今まではレストより先に足の位置を決めてしまっていたのですが、そうではなく、レストを組んだ位置で快適に肘から先を動かせるよう足の位置を決めると。とにかくいままでより全然位置が高く、台に近く、胸元が窮屈でなくなりますた。

実際このフォームに直してもらってから遠目のセンターショットがかなり入るようになりますた。なんというか遠くでもキューがまっすぐ出ているので、自信を持って強く打てるというか。自分の気持ちがいいキュー出しから逆算してフォームを組んでしまえば、気持ちのいいキュー出しが実際のショットでもできると。これはかなり悟った希ガス。

そしてフォームをしっかりさせる練習としてはハードショットをした方がよいとのこと。つまりMaxで撞くということは最も理想的なフォームをしていないといけないという事らすぃ。確かに投てき競技等でもきれいなフォームで投げられた時に最も距離がでますからな。で、ハードショットのMaximumを上げておけば、普段のショットも楽に打てるようになると。

ハードショットの具体的な練習としてはバンキングの要領で手玉をセットして思い切り撞いてみると。フットラインから撞いてヘッド→フット→ヘッド→フット→テーブル中央…という具合に2往復半を超えられれば上出来らすい。

今日のまとめ

1.フォームは打ち終わった姿勢から逆算して作る
2.理想的なフォームにするためハードショットの練習をしてみる 撞ける強さの上限を上げることで、通常のショットに余裕が生まれる
3.若い女性が球屋にいくとかなり親切にしてもらえるらすぃ

1,2はともかく、3は間違いない
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 6 | Trackback: 0

『ザ・プロブック』が微妙に誤植している件について

2006/01/06(金) 02:29:06 [ビリヤードの練習記録] #

昨年末よりネクストを理解するためのテキストをいろいろと探していますたが、店員さんのオススメにより、『ザ・プロブック』というのを買ってみますた。





この本は最初の4分の1くらいがセットプレイの解説、残り3/4がメンタルの解説になっております。セットプレイの部分はまさに求めていたようなテキスト。つまり「この配置でこの撞点をこのぐらいの強さで撞くとここへいく」みたいなパターンが掲載されていると。ただし基本16ショットというのが全然基本っぽくなくて、最初のショットからいきなり左下ヒネリ、2クッションのセンター出しだったり。

ちなみに本の大半を占めるメンタルの部分は「私は勝てる、勝てる…と念じよ」「サブリミナルメッセージテープを作れ」「コーヒーを飲み過ぎるな」とかいう内容で、常人にはついて行けませぬ。本も重いし前半1/4だけ破って使うことが推奨されます。

何気にもう1ヶ月ぐらいこの本をやっているわけですが、基本16ショットというのをようやく1周しますた。

やっていて気になったのは配置にあからさまな誤植がある事。どうにも無理なショットがあるので、ググったら訳者H氏のサイトのキャッシュが引っ掛かり、やはり誤植だとわかった。しかもサイトは閉鎖し、訳者のH氏も失踪してしまったため、改訂版は実現しなそうでつ。

BeParadise 掲示板/「ザ・プロブック」の部屋(グーグルキャッシュ)

しかし図版の誤植というのはいただけない。セットプレイの配置が信頼できないと、練習にならない。自分の場合うまい方が側にいるのでラッキーだが、そうでないと配置があっているかすらわからないので厳しい。どうも原著の図版と配置が違うとのことで、原著の図版の版権までは得ておらず、日本で作ったようですな。

H氏のサイトにキャッシュが残っているが、基本16ショットの内あやすぃと思ったものを一応書いておきまつ。

#8 的球がもう少し右 タテ1.6、ヨコ2.4
#11 的球ボール1個左(タテ同じ ヨコ1.8)、手玉ボール1個右(タテ同じ、ヨコ2.2ぐらい)
#14 的球がちょい上(タテ0.5、ヨコ1.5)
#16 的球ちょい上、手玉ちょい下

全ショット共通 撞点が中心に寄りすぎ

全ページ共通 訳者フィリピンに失踪しすぎw

Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

これが本場のボーラード

2006/01/01(日) 18:15:26 [ビリヤードの練習記録] #

Yahoo!の動画検索をしていたらすばらすぃスポーツを発見しますた
ボーラードってほんとにキューで球をついてピンを倒すらすい
どうやらK国の方が開発したようですな





http://www.qbowl.com/
http://www.qbowl.com/video.wmv(K国の動画)

サイトの説明によると

・競技の名前はQ-Bowl(キューボール)
・レーンは本物のボーリングの1/3サイズ
・ピンは高さ5インチ(12.7cm)


さらに調べてみると
・Q-Bowling(キューボーリング)というのも同じ団体の模様
http://www.qbowling.com/
・本社はソウル
・日本では福岡の会社が輸入しているらすぃ
http://www.sports-one.co.jp/q.html
・韓国以外にも日本、UAE、マレーシアが買ってしまったたらすぃ
http://www.qbowling.com/q_bowling_center.html






って日本のどこかにこれが…((((;゜д゜)))ガクガクブルブル

Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。